簿記の資格の種類を知ろう

自分にピッタリな資格はどれか吟味しよう

簿記の資格と一口で言っても、実施団体や試験の内容が違う複数の検定が存在しています。
主な検定を3つ紹介しますので、どの検定を受検して資格を取得すれば、
自分にとって有利になるのかをよく考えて選びましょう。

日商簿記検定

日本商工会議所が実施している検定試験で、文部科学省の認定を受けています。
1級から4級まであって、すべて筆記試験のみです。
1級に合格すると税理士試験の受験資格を得ることができます。

いくつかある簿記資格の中で一番歴史があり、社会的評価が高いのが特徴。
就職試験などで有効なのは、日商簿記2級からというのが定説です。

全経簿記検定

(社)全国経理教育協会が実施している検定試験で、こちらも文部科学省の認定を受けています。
1級から4級まであり、すべて筆記試験のみが行われます。
1級に合格すると税理士試験の受験資格が得られます。

こちらの検定は、主に専門学校生が受検するといわれていて、
一般的には日商簿記検定よりレベルが低めだとされているので、
税理士試験の受験資格を得るためだけに1級を受検する人もいます。

全商簿記検定

財団法人全国商業高等学校協会が実施する試験で、帳簿を作成する手順や、
財務諸表の作成、それらの数字を読み取る能力を試す試験となっています。
1級から3級まで行われています。

こちらの検定は、主に商業高校の生徒が勉強の進み具合をチェックする目的で受検するもので、大学進学や就職などの時以外ではほとんど評価されません。

次のページ >>


>>合格するためのポイントを凝縮させた簿記の教材なら<<