簿記資格を取得するなら日商簿記

一番有名な簿記資格! レベルも信用度も高い

簿記の資格は、前のページでご紹介した3つが主要なものとなっています。
ちなみに、ほかにも全国産業人能力開発団体連合会が主催している、
全産簿記検定というものもありますが、こちらはあまり有名ではありません…

これら多数ある簿記資格の中で、最も歴史や伝統があり、
主催団体の信用度が高い試験といわれているのが、日商簿記検定です。

日商簿記検定は、三大経済団体のひとつである日本商工会議所と各地の商工会議所が主体している、日商検定のひとつ。

第1回は昭和29年に実施されていて、50年以上の歴史を持っています。
ゆえに、日商簿記は企業から高い信頼を得ていて、資格手当ての対象にしている企業もあるそうです。

特に金融や会計系の会社を希望している大学生などは、
日商簿記検定1級まで取得しておくと、就職活動の時には大きなアピールポイントになるでしょう。

試験の内容を見ても、日商簿記が最もレベルが高いといわれていて、
2級以上を取得していれば、一般企業への就職や転職の際に有利になること間違いありません。

専門学校や商業高校の授業の一環として受検するという人は別ですが、
これから簿記の資格を取ろうと考えている人は、
この日商簿記を受検するのが妥当でしょう。

<< 前のページ次のページ >>


>>合格するためのポイントを凝縮させた簿記の教材なら<<