試験当日に注意すること

余裕を持った行動が吉を呼ぶ! 早めの行動を心がけて

試験当日を迎えたら、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。

当日は、とにかく余裕を持って行動することが重要です。
前日の夜は早めに寝て(一夜漬けで勉強なんてもってのほか!)、
当日の朝も早く起きてしっかり朝食を食べましょう。

交通機関が乱れることも予想して、通常かかる時間よりも少し早めに家を出るようにします。

2級の試験は午後に行われるため、家から会場が遠い人は、少し早めに現地についてお昼ご飯を食べておくとよいと思います。
その場合、会場周辺のレストランやコンビニは受検者が多く集まるので、
混雑で昼食が調達できないことも予想されます。
家から弁当を持参するか、家の近くで購入してからでかけるとよいと思います。
ただし、胃もたれして試験に集中できないとこまりますので、
軽めの昼食を心がけましょう。

さらに、試験会場の暑さや寒さに対応できるように、
脱ぎ着しやすい羽織ものを用意していくなど、服装にも注意が必要です。

ここまでしっかり準備ができたら、あとは試験に集中するだけ。
難しいと思っても動揺せず、分からなくても焦らず、最後の最後まであきらめないでがんばりましょう!

<< 前のページ


>>合格するためのポイントを凝縮させた簿記の教材なら<<