日商簿記の検定内容

級別にレベルが大きく違うので要注意!

簿記資格の中で最も知名度が高く、人気のある日商簿記について、
検定内容を細かく見ていくことにしましょう。

日商簿記は1級から4級までありますが、4級はほとんど受検者がなく、
検定を行っていない商工会議所もありますので、
今回は1級から3級までを解説します。

日商簿記検定・試験概要

【試験日程】
2級と3級の検定は年に3回行われます。

  • 6月の第2日曜日
  • 11月の第3日曜日
  • 2月の第4日曜日

※1級の検定は年に2回(6月・11月)のみ行われます。

【級別の試験内容】
・3級の試験内容
日商簿記3級の試験内容は『商業簿記』とされていて、基本となる商業簿記、
記帳、決算の実務が問われます。

具体的な出題内容は、仕訳問題、勘定記入、精算表など。
試験時間は2時間、100点満点中70点以上で合格となります。

・2級の試験内容
日商簿記2級の試験内容は『商業簿記と工業簿記』とされていて、
商業高校レベルの商業簿記と工業簿記、初歩的な原価計算などが問われます。

出題内容は、仕訳問題、伝票計算、標準原価計算など。
試験時間は2時間で、2科目の満点は100点となっており、70点以上で合格となります。

・1級の試験内容
日商簿記1級の試験内容は『商業簿記・会計学』と『工業簿記・原価計算』とされていて、大学程度の商業簿記と会計学、工業簿記、原価計算がきちんと理解できているか、財務諸表規則、企業会計に関する法規を理解しているかを問われます。

試験時間は『商業簿記・会計学』が1時間30分、『工業簿記・原価計算』が1時間30分です。
各科目25点の配点で、4科目の合計が100点満点となります。
合格ラインは70点以上とされていますが、1科目でも10点未満のものがあると不合格となってしまいます。

<< 前のページ次のページ >>


>>合格するためのポイントを凝縮させた簿記の教材なら<<