日商簿記3級の合格率

実はそんなに甘くない!? 合格率は40%前後

受検者にとって、どうしても気になるのが合格率のデータでしょう。

受検した人のうち、およそ何割が合格できるのか、どれだけ難しい試験なのか、というデータを知ることによって、
モチベーションがアップする人もいるでしょうし、
逆にやる気をなくしてしまう方もいるかもしれません。

しかし、簿記資格の取得を目指すみなさんにとって、合格率という現実的な数字を知って、まずは気を引き締め、しっかりと対策を立てることはとても意味のあることなのではないでしょうか。

まずは、日商簿記検定3級の合格率を見ていきましょう。

日商簿記検定・3級の合格率<平成24年~26年>

日 程

申込者数

受検者数

合格者数

合格率

第137回(H26.6.8)

101,574

78,726

37,824

48.0%

第136回(H26.2.23)

99,368

75,049

30,690

40.9%

第135回(H25.11.17)

119,736

93,781

45,045

48.0%

第134回(H25.6.9)

110,190

85,585

29,025

33.9%

第133回(H25.2.24)

109,473

84,846

33,513

39.5%

第132回(H24.11.18)

122,458

95,847

30,622

31.9%

第131回(H24.6.10)

107,370

83,409

34,294

41.1%

第130回(H24.2.26)

107,326

80,887

39,693

49.1%

上記の表よりも過去のデータをさかのぼると、最高で第110回試験の58.3%、最低で第107回試験の13.7%と合格率にはかなりの開きがあります。
問題が易しすぎたり難しすぎたりして、極端な合格率になることもしばしば見られますが、平均すると40%程度の合格率になるでしょう。

<< 前のページ次のページ >>


>>合格するためのポイントを凝縮させた簿記の教材なら<<