日商簿記2級の合格率

平均合格率は30%! 対策は必須です

日商簿記の2級の資格を取得すると、高校程度の商業簿記と諸語的な原価計算を含む工業簿記を理解している証明になります。

受検者数のデータなどを見ると、3級より人数は少ないですが、
毎回5~7万人が受検する人気の高い試験であることが分かります。

それでは、日商簿記2級の合格率を見ていきましょう。

日商簿記検定・2級の合格率<平成24年~26年>

日 程

申込者数

受検者数

合格者数

合格率

第137回(H26.6.8)

54,773

40,330

13,958

34.6%

第136回(H26.2.23)

73,679

55,960

23,254

41.6%

第135回(H25.11.17)

77,760

60,377

13,601

22.5%

第134回(H25.6.9)

58,206

42,703

5,920

13.9%

第133回(H25.2.24)

76,069

57,898

27,538

47.6%

第132回(H24.11.18)

79,837

61,796

14,149

22.9%

第131回(H24.6.10)

64,353

48,341

14,834

30.7%

第130回(H24.2.26)

72,040

53,404

16,808

31.5%

日商簿記検定は、大学入試のように合格者数に定員がなく、
70点以上を取れば合格とみなされます。
ゆえに、試験の難しさが合格率に直接影響を与えているようです。

過去のデータをさかのぼると、第107回は試験が難しかったようで、
合格率が5.7%とかなり低い結果となっていますし、
逆に第133回の試験では、合格率が47.6%と最高の結果となっています。 ここ10年の結果を平均すると、30%前後となっているようです。

<< 前のページ次のページ >>


>>合格するためのポイントを凝縮させた簿記の教材なら<<