簿記検定の勉強法の基礎とは

すべての基礎は商業簿記 準備をしてから工業簿記にとりかかろう

簿記の基本は、商業簿記に集約されているといっても過言ではありません。

日商簿記の3級では、商業簿記に関する基礎的な問題が出題されますが、
小規模の個人商店レベルの問題となっていて、2級になったとたんに大規模な企業レベルにまで上がり、実践力が試されることになります。

2級からの受検を考えている人でも、まずは3級のテキストなどで簿記の基礎概念をしっかり学んでから、2級レベルの学習に取り組んだほうが効率よく知識や実践力が身に付くことは、前述しましたね。

さらに、2級にレベルアップすると、商業簿記に加えて工業簿記という難敵が現れます。
財務会計である商業簿記とは目的が違いますし、処理も独特ですので、
工業簿記を苦手としてしまう受検者が多いのも事実です。

工業簿記を効率よく理解するコツは、工業簿記のテキストをひと通り読んだら、
細かい公式などを暗記する前に、まずはイカのようなポイントを自分なりにまとめてみるとよいのではないでしょうか。

  • 工業簿記の全体像をつかむため、勘定連絡について理解する
  • 個別原価計算と総合原価計算の違いについて、どんな場合が個別で、どんな場合が総合となるのかを理解する
  • 製造間接費の予定配賦は、なぜそうしなければならないのかを理解する
  • 直接原価計算の目的や意義を理解する
  • 標準原価計算の目的や意義を理解する

上記のようなポイントを自分なりに考えて、しっかりとまとめてから学習に取り掛かると、意味が分からないまま公式を丸暗記したりする無駄な作業を避けることができます。

その後の理解が格段に違いますので、ぜひ試してみてください。

<< 前のページ次のページ >>


>>合格するためのポイントを凝縮させた簿記の教材なら<<